Toshio Blog 仮想通貨×Blog

簡単です。仮想通貨で月3万円の不労所得を作るには?具体的なステップの解説。

仮想通貨

あなたは不労所得はありますか?

「不労所得を作りたいなぁ〜。
仮想通貨で安全な方法ないのかな?」

仮想通貨で不労所得を作る方法はかなりシンプル。月3万円でも作れたら、年間36万円。今よりもはるかにいい生活が送れそうですよね。

この記事では、あなたが『仮想通貨で不労所得を作る方法』を具体的に解説していきます。

本記事の内容

仮想通貨で月3万円の不労所得を作る方法

 

結論から言うと

『月3万円の不労所得を得る方法は、BitLendingに400万円投資する』です。

いや無理無理。と思うかもしれません。でも数字だけでいえば、これが結論。
詳しくはこれから説明します。

また記事を読むと、以下のようなメリットがあります。

本記事を読むメリット

・人生がらくになるきっかけができる
・仮想通貨で不労所得の作り方がわかる
・仮想通貨投資の始め方がわかる
・月3万円の不労所得を作る方法がイメージできる

もちろん不労所得をつくりだすには、軍資金が必要です。しかし、どのくらいの金額を投資すればいいのか?これを知っておくだけで、グッと実現に近づきます。

仮想通貨で不労所得を作るには、まず仮想通貨取引所の開設が必要なので、サクッと開設しておきましょう。
>>安心のコインチェックを開設する
>>手数量がお財布に優しいGMOコインを開設する

上記に2つは初心者のあなたにオススメです。

スポンサードサーチ

不労所得月3万円はすごい


ではまず不労所得月3万円の、何がすごいか説明します。

結論から言うと、あなたの人生が変わるほどすごいです。

不労所得で変わるあなたの人生

  • 仕事先に依存しなくなる(仕事のストレスがなくなる)
  • 旅行や食べ物でちょっとした贅沢ができる
  • もう3万円高い家賃の家に住める(オススメはしません)

これが仕事量を増やさずにできるっていいですよね。

逆にこのまま現状維持を続けるとどうなるか?

  • 給料上がらないけど、物価あがりすぎて貯金できない
  • イヤな仕事から逃げられない
  • 時間がないので、副業もできない
  • 心身ともに疲れる

得することよりも、損が大きすぎますよね。
もし具体的に月3万円増えたら、あなたはどう考えますか?

「2~3回呑みに行くと消えちゃうじゃん。それにブランドの服1着で使い切る、、、なんなら足りない」

そうおもったあなたは以下を読んでくだいさい。

まずあなたの時給が1000円とします。(例えば)
そうすると3万円稼ごうと思ったら、30時間かかります。
1日6時間働くとして、5日間かかります。

その5日間かかってやっと稼いだ3万円。これが寝てても入ってきます。

どうですか?すごくないですか?もっというと、月に30時間、つまり1日1時間を副業にあてると人生が激変します。

ここまで言われて理解できない人は、おそらく一生不労所得を作れないです。言い過ぎかもしれませんが、それほど月3万円の不労所得はすごいってこと。

「わかったから、どうやって作るんだよ。」そう思った方は次に進んでください。

※まずは国内の仮想通貨取引所の口座開設が必要です。即日開設できます。オススメは、送金手数料無料のGMOコイン、もしくは安心のコインチェックで開設しましょう。

仮想通貨で不労所得を作る方法3つ


仮想通貨で不労所得を作る方法は以下の3つ。

  • レンディング
  • ステーキング
  • イールドファーミング

横文字にアレルギーがでそうですが、安心してください。簡単に説明していきます。

レンディングで不労所得を作る

レンディングは日本語に訳すと、貸し出すという意味。

自分が持っている仮想通貨を、取引所に貸して上げて、それに対する利子を得る方法です。銀行に預ける仕組みと同じですね。

現在では、普通預金0.002%なので0%同様ですが……

ちなみに1974年が歴代最高利子で、その時が3%です。

「100万円預けていたら、1年間で103万円になる」という計算です。

ぼくがオススメする『BitLendingの年利』は、

  • BTC 8%
  • ETH 8%

銀行(現在)における利子の、4000倍。銀行に預けておくのがバカらしくなります。

ステーキングで不労所得を作る

ステーキングとは、「仮想通貨のネットワークを回すのに、必要な作業。
これに協力して対価をもらうことです。

方法は簡単で、対象の通貨を保有しておくだけです。

ブロックチェーンの理解をすると、より具体的にわかりますが、今回は省略しましょう。

「欲しいのは、知識ではなく不労所得。」なので笑

イールドファーミングで不労所得を作る

イールドファーミングで不労所得を作る仕組みは、下記のとおり。

①自分のコインを貸し出す
②貸し出したコインを、他のユーザーがトレードに使う
③貸し出した人は、トレードからの手数料をもらえる

上記のとおり。

ようするに、サービス内に通貨を預けておくと、その分流動が増えるので、お礼に手数料をもらうイメージです。

まずは少額からコツコツやっていこう!

「でもまとまったお金がいるんでしょ?」

この質問に回答すると、「あった方がいいけど大丈夫。」と言います。

初心者は少額からスタートが基本です。徐々に増やしていきましょう。

もちろん株の場合、たいてい大きな金額が必要です。
しかし仮想通貨に関してはそうではありません。小さな金額からはじめて、徐々になれていくのがいいでしょう。

BitLendingをオススメします

では先ほど3パターンの方法を紹介しましたが、ぼくがオススメするのは『レンディング』です。

初心者が仮想通貨で不労所得を得るなら、レンディングが1番難易度は低め。作業も預けるだけでシンプルです。

ステーキングやイールドファーミングは割と上級者向け。その分リターンが桁はずれだったりもしますが、リスクはあります。

あなたがレンディングをはじめるなら、今はBitLendingをオススメします。しかも国内最高の年利8%。シンプルに銀行の4000倍。

おどろきですよね。もちろんその分デメリットもあります。ここは投資なので、しっかり知って欲しいと思います。

デメリットは以下のとおり。

BitLendingのデメリット

  • リスクがある
  • 返還が遅い
  • 口コミ・レビューが少ない
  • 通貨の種類が少ない

上記のようなデメリットがあります。詳しくはググればでてきます。具体的な解決策も紹介されてるので調べておきましょう。

BitLendingのメリット

もちろんオススメするからには、メリットがあります。メリットは以下のとおり。

  • 国内最高年率8%
  • 少額からはじめられる

国内最高年率8%

これはすごい数字です。100万円預けたら、1年で108万円になります。

一般的な銀行に100万円いれて、108万円しようと思ったら1000年かかります(笑)

この時点ではじめる価値がありますよね。

少額からはじめられる

先ほども紹介しましたが、BitLendingは少額から気軽にはじめることができます。スタートできる具体的な金額は以下のとおり。

BTC 0.001BTC 約3000円
ETH 0.1ETH 約2万円
USDT 50USDT 約7000円
USDC 50USDC 約7000円
DAI 50DAI 約7000円

これなら学生時代のアルバイトのぼくでも使える金額です。

大きな金額は投資できなくても、時間をかけて長く保有すること大事。
投資のリスクをおさえるコツでもあります。

まとめ


今回紹介した「仮想通貨で不労所得をつくる方法」は以下の3つ。

  • レンディング
  • ステーキング
  • イールドファミング

この記事では、難易的に1番シンプルな、レンディングをオススメさせて頂きました。

100万円の資金があれば、1年間で8万円の不労所得。
つまり400万円の資金があれば、毎月3万円分の不労所得が手に入ります。

「どうですか?見えてきましたか?」

まだまだ仮想通貨投資には夢があります。
これをきっかけにチャレンジしてみましょう。

コインチェックの口座開設方法はこちらの記事を参考にどうぞ↓


この記事を読む